Pocket
LINEで送る

2018年2月10日(土)-2018年2月11日(日)にフィリピン・セブでプログラミングスクールを運営されているG’s CAMP CEBU 様のご協力でワーキングスペースを貸切第2回GAOGAOキャンプを開催致しました。今回はゲストスピーカーとして、フリーランスとして活躍し、try!Swift Tokyo 2018などのオーガナイザーも務める松館大輝  さん、2017年8月にKINDLER株式会社を設立しスポットガイドサービス 『FLAGMA(フラグマ)』を開発/運営しているAsuka Kadowaki さんをお迎えしました。

因みに次回は、6月頃にミャンマーを検討しています!

 

GAOGAOキャンプ@CEBUの様子を、期間中300枚以上とった写真の中から選定した写真とともに振り返っていきたいと思います!!

2018年2月10日(土) 一日目

会場はセブ島の中心地アヤラモールの目の前にあります。

G’s CAMP CEBUさんのオフィスおしゃれ!!なにやら打ち合わせをするスタッフの様子。

13:10 集合 代表手島(Teji)よりご挨拶。

GAOGAOに込める想い、今後の活動に関して説明の場を儲けさせて頂きました。

13:30  運営担当者水畑(Ken)よりGAOGAOに関して

とりあえず精神論中心の話。。。

13:40-  ゲストスピーカー松館大輝 (date) さんのLT  フリーランスで生きる

会社員からフリーランスになったDateさん、環境の変化、なぜフリーランスになったのかこれからどのうような活動に力を入れて行くのか、リアルな話をたくさんしていただきました。Dateさんのブログに2017年のフリーランスとしての振り返り記事もございますので、ご興味がある方はこちらもご参照ください。

14:00-ゲストスピーカー Asuka Kadowaki さんのLT  受託開発受注時のTipsと自社プロダクトFLAGMA(フラグマ)』の世界観

受託開発受注時のTipsでは契約書の注意点など、実務レベルのお話まで解説頂き、活発な質問がありました。また、自社プロダクト開発に至った海外留学中の経験談など、プロダクト開発に到るまでのリアリティあるお話を頂きました。

14:20- 自己紹介

日本から学生起業家を志す方、セブにプログラミング留学されている方、セブでインターンとしてIT企業で働かれている方、セブの日系IT企業のマネジャーの方など多種多様な方々にお越し頂きました。

14:40- お題ぎめ 各自、持ち寄った各々タスクをもくもくすることに

15:00- もくもく開始

各々のタスクをもくもくしている中にも、数名のエンジニア上級者が丁寧にアドバイスしている場面が随所にみられ、大変雰囲気の良い中、開発が進みました。

18:45 本日のもくもく終了!

19:00 交流会  セブ留学中のプログラミング生徒さんを交え、将来のキャリアに関して、海外で働くことに関して積極的な議論が交わされる。

女性エンジニアのキャリアパスに関しても活発に議論。

みんなで集合写真!

 

 

2018年2月11日(日) 二日目

9:30   もくもく開始(若干寝坊気味w)

朝から黙々・・

12:30  お昼ご飯  会場近くのレチョン(豚の丸焼き)が有名なお店で昼食

 

14:00  もくもく再開 ラストスパート

午後の眠たい時間帯も集中するおぬきちさん

17:00  成果発表会

2日間の取り組みを発表。集中できる施設、切磋琢磨できる仲間、つまった時のアドバイスもらえるメンバーで皆さま開発がはかどったようです!!

ご参加頂いた皆さまありがとうございました!!

会場を提供して頂いたG’s CAMP CEBU 様本当にありがとうございました!!最後はみんなで 「g」ポーズ。

第2回GAOGAOキャンプ@CEBUを振り返って

今回は拠点のバンコク以外ははじめてのキャンプの開催ということもあり、運営面など不安もございましたが、最大18名様に参加頂き、皆さまのおかけで有意義なキャンプになったかと思います。一方で、まだまだ改善点もあるかと思いますので、キャンプを通して良かった点と反省点を振り返り、次回に生かしたと考えております。

良かった点

・経験値、年齢が異なるエンジニアが一同に会しキャリアパスに関して多くの議論がなされた。

・議論にとどまらず、具体的な仕事のコラボレーションがありそう。

過去のキャンプ等を通して、(2名の海外就職、2名のインターン生としての採用につながっています)

・とにかく、楽しかった!!

改善点

・せっかく、海外で開発合宿するので現地企業の視察や、現地とのコラボレーションなどより事前の準備に時間をかける必要がある。

・出来るだけ参加者は同じ施設に宿泊すればより、濃い時間が過ごせるかもしれない。(ヴィラの貸切とかが面白いかもしれない)

・今後参加者を増やすために、参加者の費用負担を減らせる企業様とのスポンサーシップが必要となってくる。

4月上旬からはバンコク初&発、コリビングGAOGAOハウスを開始予定で、そのワーキングスペース改装の費用としてクラウドファンディングでパトロンを募集中です!バンコクのど真ん中のリッチでホテルより安く、開発できるスペースが使えるパトロン設定にしております!皆様是非、遊びに来てください!詳細はページの最後のリンクからご覧ください。

 

番外編

セブ=海と考えてセブに来ると、ビジネスや生活エリアは普通の街なので、海すら見ることができません。。。もちろん、我々も全く海を見ずに2日間開発にいそしんでおりました。そこで、せっかくセブに来たので、合宿明けの翌日にデイユースのホテル「モーベンピックセブ」に遊びに行ってきました。プライベートプール、プライベートビーチ、ランチビュフェ、アイスクリーム、Wifi完備のくつろぎスペースがついて2,000ペソ(約4,200円)です。これがセブ!!!!!!!!!

 

 

 

最後に

私たちGAOGAOは、海外移住・起業を考えているクリエイターさん達への第一歩のきっかけ作りとして、バンコクの中心街に宿泊+コワーキングスペース「GAOGAO HOUSE」をオープンする予定です。

自由に作業ができ、考え方の近い同志と交流することができ、宿泊もできるクリエイターにとっての最高の遊び場(新しい生き方にチャレンジできるための仕組み)を作ることを目指しています。

東南アジアのクリエイターにとっての最高の遊び場(新しい生き方にチャレンジできるための仕組み)を作ることを目指しておりますので、環境を整えるためにもし興味のある方は以下のキャンプファイヤーにて資金の援助をしていただけると嬉しいです!

東南アジア・バンコク発!クリエイター向けコワーキング・コリンビングを実現したい!
https://camp-fire.jp/projects/view/64463

Pocket
LINEで送る